UA-115498173-1

2018年04月01日

MCDAアドインに関する補足・訂正について(4/2修正)

昨日の投稿で予告しましたように,以下について補足・訂正させていただきます.

1.P280の二つの設計画面に「重み」という「入力セル」がありますが,配布版のアドインにはありません.これは開発版のアドインにあった「予測変数」の優先順位を決めるパラメータで「満足度関数」の「重み」です.「重み」は配布版ではすべて100に固定されていますので,GUIからは隠してあります.多目的最適化では特性の優先順位を「重み」で変えるのは混乱のもとになるだけという判断によるものです.ですので,この図にある「重み」は無視して下さい.

2.P294のJMPくんの台詞で,「設定画面で「予測式Yu1」を「予測式」に,...」は「設定画面で「予測式Yu1」と「予測式Yu2」を「予測式」に,...」に訂正します.不親切ですいません..

3.P295の「包括システム」の設計で最適解は,配布版のアドインでは書籍と同じにならないことを確認しました.その他にも,第5講の例題では書籍の図と出力結果が異なる場合がありますことにご注意ください.書籍の出力結果は開発版のアドインで出力したものですが,配布版のアドインには最適化アルゴリズムに改良が加わったため,統計モデルと最適化設計の状況次第で異なった結果となる場合があります.開発版では「MCDAデモ事例.jmp」の最適化に私の環境で10分近い時間がかかっていましたが,配布版では遅いPCでも数分に短縮されたのはこの改良によるものです.P258の「この例題についての注意」に書きましたように,そもそもJMPによる最適化のしくみから,微妙な環境の違いによって必ずしも同じ結果が得られるとは限らないので,ここは最適解そのものよりも最適解を得る流れを追っていただければと思います.因みに,P295の「包括システム.jmp」の最適解はMac版のJMP Pro 14上で動作するMCDAアドインの最新版では次のようになっています.Mac OSは最新のHigh Sierraです.
mcda.jpg

ここ以外にP265の最適解でも異なる解が得られることを確認していますが,この二箇所以外では小数点以下の微小な違いにとどまっています.私の方で確認している限りでは,P253下,P254下,P261上,P264下,P280上,P280下,P288の7つの設計で微妙な違いなあります.Macは64bit環境ですから,32bit環境ではまた違った結果になるかもしれません.MCDAアドインを使った関係するすべての図版の修正版をこの場に掲載しようとも考えましたが,使用するOSの種類やJMPのバージョン全てを網羅することは困難なためそれは諦めました.何かご質問あれば個別にお問い合わせいただければその都度対応いたします.

このように最適解がいろいろと出てきてしまうことに不安を持たれるかたもいらっしゃるかもしれません.この状況はソフトのバグとういうわけではなく,どのような状態を最適とするかというプログラム上の定義(の違い)によるものです.書籍では「最適化はJMP(PC)がやるものではなく技術者自らがやるものだ」ということを認識していただきたいという思いがあり,このようなコンピュータ計算による最適化設計の実態を示すために,ノイズ因子が複数あるというあえて複雑な問題を事例にとりました.しかしながら,通常の比較的単純な問題ではこのような状況に陥ることは多くないので安心してください.ここのところについては来週(か再来週)もう少し説明を加えたいと思います.

上記についてご質問あればコメントをいただければと思います.どうぞよろしくお願いいたします.
posted by Tad at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お詫びと訂正

2018年02月02日

お詫びと訂正のカテゴリーを新設しました.

いろいろと訂正することも増えてきたので,新たにカテゴリーを新設しました.改めて読者の皆様に謹んでお詫び申し上げます.先にコメント頂いたお二人以外もオフラインでご指摘いただいたIさんどうもありがとうございました.またHさんからも昨年にご指摘いただいておりましたこと失念していました.申し訳ございません.言い訳は見苦しい限りですが,サポートファイルの取り違えが原因です.私の執筆時の環境はJMP13でしたので一部のメニュー(と言ってもヘルプくらいですが)が英語でしたので,本書の図版はSAS社のご協力で当時の最新の13.2で取り直していただいたものです.その際に間違ったファイルを渡してしまったようです.サポートファイルは数多く試作しましたが,あいにくほとんど消去してしまっているので,今のタイミングではJMP14のリリースを待ってじっくり検証した上でサポートファイルを皆様にご提示しようと考えています.

既にブログで報告済みですが,以下に単純なタイポを再度掲載しておきます.
1.p11の下のエクセルデータで,左のデータの右側が50代になっていますが30代の間違いです.単純なタイプミスのチェクもれです.話の内容には大きな影響はありませんが,訂正します.
2.p85の2行目のJMPくんの台詞で,「表示形式」のところで「データ点はオフ」を選択するとデータ点が見えるよ...とあるのはもちろん「データ点が消えるよ」の間違いです.デフォルトではテータ点が見えるようになっているので,理解する上では大きな問題はないと思います.
3.対応済みなので削除.
4.p65のJMPくんの台詞で「降水量をY軸に,平均気温をX軸に...」ではXとYとが逆ですね.
5.p125の脚注のBinormalはBinomial(二項分布)のタイポです.
6.p140ページの統子ちゃんの台詞でRSMEとあるのはRMSE(Root-mean-square-error)のタイポです.
posted by Tad at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お詫びと訂正

2018年01月20日

訂正のお知らせ

年末年始の休暇中に本書で勉強してくださった方から質問をいただいています.その中で明らかなミスがありましたのでご報告いたします.本書ではサポートファイルを用いてJMPを操作しつつ自習でき,そのことを類書と比較しての特徴の一つとして企画しました.読者に実習してもらうという形式を採用するにあたって,経験者からは問題点もコメントいただいていました.まず,誤魔化しがきかなくなるので校正が大変になるということ,そして読者のJMP操作のスキルによっては説明が不親切になりかねないということ.書籍ではマニュアルのように丁寧な操作手順を示すのには限界があります.それらを踏まえてもJMPの面白さは自分で手を動かさなければ伝わらないと考えた末にサポートファイルを準備しました.念を入れたつもりではありますが,いくつかの不備が(やはり)出てしまったことをお詫びいたします.

1.p202の「グラフビルダー」のグラフ
サンプルファイルを使うとこのグラフはこのようになりません.ここはデータを作るのにおそらく本書執筆で一番手間のかかったところです.試行錯誤でサンプルデータをつくる際に別バージョンのデータによるグラフと入れ替わってしまったようです.実際,計太くんが「収率で実験ブースの寄与があったのも気になるんだけど」と言ってますけれど,p200の「列の寄与」では「実験ブース」の寄与は「収率」「副生成物」ともに0となっています.
現在のサポートファイルからは「実験ブース」の寄与に関する部分は導出できません.サポートファイルをこのバージョンのものに入れ替えることは可能ですので,機会を見つけて差し替えたいと思います.とはいえ確認作業が必要ですので,しばらくお時間をいただければありがたいです.

2.p207の「EMPシステム分析」のグラフ
上記と全く同じ理由で,今のサポートファイルではこのグラフのようになりません.上記と同じく,ここは分析の流れだけを見て頂ければと思います.あまり重要な部分ではないのですが,サポートファイルの訂正も検討します.

3.p229の統子ちゃんのセリフ
「このように入力すればいいのね」ではなく,「このようにチェックを入れればいいのね」がより正確です.下の図では「触媒」「反応時間」がそれぞれ最低値に変更されていませんので.手順としてはチェックを入れた後に,それらの値を変更する必要があります.ちょっと紛らわしいですね.すいません.

もう一つ質問をいただいていますが,実は本日体調不良でして,続きは来週中ということにさせてください.

それでは.
posted by Tad at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お詫びと訂正