UA-115498173-1

2018年09月08日

MCDAアドインのアップデート

本書のサポートアドインであるMCDAアドインのアップデートについてお知らせします.不具合修正と同時に若干の改良が加わりました.不具合というのは最適化の条件がローカルに保存できないというものでした.これができないと様々な最適解(の候補)の比較検討(即ち,このアドインの目的である多基準の意思決定)がやりにくいのです.実はこの不具合には気づいたのは昨年の出版記念セミナーで発表したときのことでしたが,クリティカルな不具合ではないので修正はいつでもいいからと開発者に報告だけはしていたのですが,ようやく修正していただけました.今回,JMPのプロファイルにある機能を実装してもらえたので,赤三角メニューの設計条件の保存は廃止しました.
それでは,どのようにして設計条件を登録するのか,そのやり方について説明します.まず,サポートファイルの「MCDAデモ事例.jmp」を開いてください.アドインメニューから「MCDAアドイン」を実行して,予測式に「予測式 膜厚」ノイズ因子に「位置L」「位置W」を割り当てます.
そうしたら,「RNG」を0以上0以下で制約,「MID」を最大化に条件設定します.この状態で「最適化」の赤三角から「最適化」して,最適解を導出してください.このファイルの予測式は複雑なので少し時間がかかります.プログレスバーが二回出るはずです.解が変われば最適化の計算は終了しています.この状態で「プロファイル」を呼び出します.この図のようになりましたか?
85-1.jpg
ここで「予測プロファイル」の赤三角から「因子設定>設定を記録」を実行しますと,設定の名前を入力するウィンドウが出てきますので「膜厚最大」とでも入力します.
次に,この状態で最適化の条件を変更します.例えば「RNG」を「なし」にして「MID」を「5000」に制約します.最適解が得られたら,上と同じようにして設定名を入力します.「膜厚5000」と名前意をつけたのが下の図です.
85-2.jpg
このように,複数の最適解の候補を横並びにして評価できます.二つの解の「RNG」と「MID」の差が表示されます.ラジオボタンをクリックするとプロファイルが切り替わります.もちろん,「プロファイル」の赤三角からデーターテーブル等へスクリプトを保存できますので,いつでも傾倒した最適解の候補をプロファイル付きで緑三角から呼び出せるのです.原因は調査中ですが,Mac版JMPですと呼び出しに少々時間がかかりレインボーカーソルが回ります.今回の改良は多基準の最適化に特に便利です.この機能があれば昨年のDiscovery Summitでの発表は楽だったのにと思います.皆さんもどんどんこのアドインを使ってみてください.実務における最適化には大変有効です.少々使い方が難しいところもありますので,このアドインの使い方に的を絞ったセミナーの開催も予定しています.おそらく今回も非公開に募集をかけますので,興味ある方はご一報ください.

<重要>
もう少しテストを重ねてバグのないことを確認したいので,アップデートアドインは9月17日の敬老の日までに公開します.既にMCDAアドインをお持ちの方は,お手数ですが公開日以降に再度前回と同じ方法でお申し込みください.

それでは本日はこれまで.

2017年11月11日

MCDAアドインの修正について

MCDAアドインに修正が入りました.修正といっても,言われなければ気づかないような些細な修正で,本書の内容にも変更はありません.修正されたのは次の二つです.
1.メッシュデータの生成で作成されるテーブル名が「最適化」となっていたのが「グリッド」に修正されています.
2.最適化の結果が「プロファイル」と連動するようになりました.
前者は単純な間違いの訂正ですが,後者の改良によって最適化解を視覚化する際に便利になりました.出版記念セミナーに参加していただいた方は覚えていらっしゃると思いますが,私のデモでは最適化後にその都度「プロファイル」を起動していました.それがトリガーとなって最適解の値が「曲面プロット」等に送られるのです.プロファイルのウィンドウは大きいのでグラフ描画の度にいちいちそれを閉じなければならないのが面倒でしたし,そもそもその都度「プロファイル」を起動するのはスマートではありませんでした.今回の修正で「最適化」すれば直ちにそれがグラフ描画に反映されることになります.
今回の修正は本文中で言及していませんので,既にMCDAアドインをダウンロードされている方でも本書を読み進める上では問題ありません.最新版をダウンロードするには(お手数おかけして恐縮ですが)もう一度フォームに入力していただく必要がありますので,今回のようなマイナーな修正では,その必要はあまりないかもしれません.もちろん,これからアドインをダウンロードされる方は修正版になります.今後も修正や改良を入れていく可能性がありますので,このブログを時々のぞいてみてください.この類の情報は「ファイル・ダウンロード」のカテゴリーに投稿していきます.
週末にブログ更新をしているのですが,本日のお知らせと被ってしまいますので今週の投稿は明日アップします.それでは.
タグ:JMP

2017年08月25日

サポートファイルのダウンロード

『JMPではじめる統計的問題解決入門』で使用するサポートファイルのダウンロードについてお知らせします.

サポートファイルはなくても本書をお読みいただくことはできますが,実際にJMPを操作することで言葉ではお伝えし切れていないことも理解しやすいでしょう.また,JMPのグラフやレポート等も本書の白黒画像と異なり実際にカラーの画面を見ていただいた方が格段にわかりやすいはずです.サポートファイルのほとんどはJMPテーブルですが,一部エクセルやその他の種類のものもあります.合計でファイル数が55になるので,読者の便を考えて講毎にフォルダーに収めたものを一つの圧縮ファイルとして提供します.個々のファイルの内容については本書を参照してくださるとして,補足的な説明は今後このブログにアップしていく予定です.ファイルのダウンロードに際して,幾つかご了承いただきたいことがあります.

ファイルのダウンロードに際しての注意

ファイルのダウンロードは本書購入者に限定させていただく取り決めとなっていますことをご了承ください.会社等で購入された場合でも,代表者1名のみがファイルをダウンロードできます.ダウンロードしたファイルは配布不可ですけれども,代表者のPCの画面をプロジェクターで映したり,共有したりして複数人で一緒に議論しながら実習していただくことは可能です.

免責事項について

ファイルをダウンロードした時点で,次の免責事項を了承したものとみなします.
「サポートファイルをダウンロード及び利用したことに起因する直接的及び間接的ないかなる損害についても筆者は一切の責任を負わないものとします.」

サポートファイルの著作権について

サポートファイルの著作権は著者に属します.本書の読者の自習用途以外のいかなる利用,及び改編や再配布を禁止させていただきます.また,本書中でも示しているように,一部のファイルはJMPのサンプルファイルを参考に作成したもので,オリジナルのサンプルファイルの著作権はSAS Institute Japan INC.に属するものです.その他,大阪市の区域シェープファイルとしてマップナビおおさかオープンデータCC(クリエイティブコモンズ)ライセンスにおけるCC-BYで提供されているデータを利用しました.

ファイルのダウンロード及び利用に際し,上記の注意及び免責事項と著作権についてご了承いただける場合のみ,下記からサポートファイルをダウンロードしてください.ファイルをどこに置くかは色々と迷いました.当初はGoogle Driveにファイルを置くことを検討しましたが,会社からですとアクセスできないというような状況も考えられるので,当面の間はオーム社のサイトにファイルを置かせていただくことにしました.本書のページのダウンロードのタブをクリックしてください.

オーム社の 書籍連動/ダウンロードサービス

オーム社のHPリニューアルの影響で2018年からURLが変更になっていますのでご注意ください.