UA-115498173-1

2019年03月23日

グラフビルダーの「区間」ゾーン

はじめにご報告しておきたいのですが,近いうちにこのブログを移設しようと思っています.当面はここにも同時掲載していきますが,よろしければ来週からは移設先に行っていただけるとありがたいです.費用をかけるほどのブログでもないので,とりあえず以前使っていて使い方を知っているというだけでBloggerにしました.移設の理由ですが,さくらネットのブログは使いにくいというだけでなく,記事のカテゴリーやタグを泥縄式につけていったので一度リセットしたかったからです.Bloggerにうまくエクスポートできないので,時間ある時に手動で今の記事は移動していきます.それが完了するまでは,こちらとあちらに同じ記事を書いていく予定です.

さて,ここのところ「「DOEを成功させるためのヒント」について書いているのですけれど,飽きてきました.そこで本日は違うことにしたいのですが,何にしようかと考えるに,最近気づいた些細なことを.

先週とあるJMPのセミナーで講師をしたのですが,私はJMP14で受講者はJMP13という環境でした.グラフビルダーのGUIを説明していてJMP14には新たにドロップゾーン(変数をドラッグしてドロップしようとすると色が変わる領域のことです)として「区間」というデータゾーンが右側の一番下(「サイズ」の下)に加わっていたことに気づきました.この役目は言わずもがなですが,何気に便利ですね.例えば,サンプル平均の棒グラフを描いて,そこに標準偏差「SD」のエラーバーを載せたいときは,「SD」をこの「区間」ゾーンにドロップします.

もちろん,グラフビルダーには,グラフ要素のオプション(グレーの開閉ボタンまたはグラフ上で右クリックで出します)に「誤差バー」というのがあるのでそこからSDやSEを選べばこと足ります.この「区間」ゾーンが便利なのは,たまにあるサンプルの統計量だけが与えられているデータのグラフを書く場合です.例えば,最近発表された「World Happiness Report 2019」に添付されているデータはテーブルには「Happiness score」と「Whisker-high」「Whisker-low」という統計量があるだけで,サンプル詳細は不明です.

そこで「Happiness score」を「Y」にドロップしてから,「Happiness score」と「Whisker-high」「Whisker-low」とを「区間」にドロップするとこのようになります.
DraggedImage.e79a7ed84d9d4b5391f00ec2b315a840.png
このとき,ドロップしようとすれば気づくはずですが「区間」ゾーンは例えば,こんなふうに三つのサブゾーンに分かれます.ちょっとわかりにくいですが,青い実線で囲われているのがサブゾーンです.
DraggedImage.ccd877e2b54748fa89af37cf9a027076.png
この図では左下のサブゾーンに「Whisker-high」をドロップしているところで,この操作によって「区間」に二つの変数を設定できます.真ん中のサブゾーンにドロップすると先に入れた変数を上書きしてしまいますので注意が必要です.

この仕様の良いところは,上下限を独立して指定できるので,例えば,下限に「Happiness score」を入れると,このような片側だけのエラーバーを入れることもできます.
DraggedImage.403dd0ce973c48b2b851b55c3b0febf0.png
この片側エラーバーはあまりお勧めはしませんが,医薬関連の論文にはなぜかよくでてきます.因みにこのグラフは参考までに載せましたが,こういうグラフは書いてはいけません.なぜだかはお分かりですね.注記さえしておけば,独自の定義によるエラーバーも載せることができます.例えば「Range」など面白いですかもしれません.あまり見かけないのでしっかり注記してください.

「World Happiness Report 2019」はちょっと気になる報道があったので今原著を読んでいるところです.何かわかったらブログで書こうと思っています.
それではまた.
posted by Tad at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | JMP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185750151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック