UA-115498173-1

2018年03月31日

JMP14対応のMCDAアドインについて

先日まで検証していたのですが,本書の例題の範囲では少なくとも動作に問題はないようですので,JMP14に対応したMCDAアドインを一週間後の4月7日の受付分からリリースします.整理しておきますと,現時点でMCDAアドインには三つのバージョンがあります.書籍出版と同時にリリースした「MCDA20170821.jmpaddin」が最初です.その後に,私のSUMMITでの発表のために一部の処理を改良していただいた「MCDA20171101.jmpaddin」が続き,今回JMP14対応の「MCDA20180214.jmpaddin」となります.今後アドインのGUIの改良や新機能の追加なども考えてはいますが,この三つのバージョンの機能はほぼ同じですので,2017年のリリースのものを旧バージョン,今回リリースするものを新バージョンと以下で呼びます.
念のため補足しておきますと,使用しているJMPのバージョンによって以下のオプションがあります.
JMP12以前
MCDAアドインはサポートされていません.
JMP12
現在お持ちの旧バージョンのアドインをそのままお使い下さい.JMP14対応版は動作しません.JMP12に対するMCDAアドインの提供はこれで打ち切ります.
JMP13
新旧どちらのバージョンでもお使いいただけます.既にアドインをお持ちであれば,新バージョンにアップデートする必要はありません.
JMP14(トライアル版を含む)
JMP14では新バージョン「MCDA20180214.jmpaddin」にアップデートしていただく必要があります.MCDAアドインの申し込みページからフォームに入力して再度お申し込みください.(SAS社のサイトに飛びますのでご注意ください.)上述のように一週間後の4月7日の受付分から最新版の配布を開始します.アップデートはアドインをダブルクリックすれば上書きするかを聞いてくるので『OK』を押してください.
今回Mac版のJMP Pro 14.0.0で検証しましたので,WINDOWS環境やJMP Stdでの検証はできていません.継続してこれらの環境で検証をしていきますが,何かしら問題を見つけられたかたはご一報いただけると大変助かります.
今回の検証でいくつか本書の内容に修正すべきところが見つかりました.本書の図版や結果はMCDAアドインの開発版を使っているため,一部の結果が正式に配布したアドインによるものと異なっています.解の導出手順等には違いはありませんので,本文の数値は参考に留めていただければと思います.混乱を招いてしまい申し訳ございません.上記の詳細については,あらためて「お詫びと訂正」のカテゴリーに明日投稿します.
MCDAアドインは使いこなせれば非常に強力なツールなのですが,本書の説明はページ数の制約のため急ぎ足になっていますし,上記のような問題もあります.それを補足する意味でも,かねてから予告していますように「統計的問題解決セミナー」を開催しますのでしばしお待ちください.それではまた明日.
タグ:JMP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182850008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック