2017年10月07日

補足します

サポートファイルをダウンロードして実際にJMPで操作してくださっている方も増えてきているようですので,散発的で申し訳ないのですが,思いついた(気がついた)タイミングで補足しておきます.

1.「ローカルデータフィルタ」ではフィルタを操作すると直ちにその結果がグラフに反映されますが,それは同時に「自動再計算」にチェックが入るからです.通常のグラフではデータを除外するなどの操作を実行してもその影響は直ちには反映されませんが,「自動再計算」にチェックを入れておけば「ローカルデータフィルタ」のようになります.チェックの入れ方はプラットフォームの赤三角から「やり直し>自動再計算」です.

2.MCDAアドインのインストールについては本書で触れましたが,アンインストールについては書いていませんでした.これはすべてのアドインについて同じ操作なので覚えておいて損はないです.そのためには「表示>アドイン」で出したウィンドウのアドインのリストから所望のものを選択して『削除』です.

今日は他の記事を投稿しようと思っていたのですが,忘れそうなので先に上記をお伝えすることにしました.連休ということもあって,今日予定していた記事は来週の月曜日(体育の日)にでも投稿します.それではまた.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181216505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック