2017年06月24日

再校中の悩み事など

「JMPではじめる統計的問題解決」は8月の出版を目指して再校に入っていますが,ここにきて悩むこと多々あります.例えば,人名の敬称について.本書では外国人は敬称なしにした一方で,日本人には先生をつけて呼んでいます.これにはいろいろな意見があると思います.学術論文では日本人でも呼び捨てにしたりあるいはローマ字表記にしたりすることが多いのですが.本書のような「ですます体」で書かれた一般書では通常は敬称をつける日本人の名前を呼び捨てにするのは著者,読者双方に引っかかるものがあるのではないでしょうか.外人にもDr.やMr.をつければ公平かもしれませんが,エジソンをMr.エジソンというのは変です.存命の方だけに敬称をつけるという意見もありますが,そもそもJMPでは神であるJohn Sallを本書では尊敬を込めてあえて呼び捨てにしています.日本人か否か,存命中の人か否かというカテゴリーごとに決まりを作るしかないのかもしれませんが,日本人の場合でも,鈴木先生と呼んで溝呂木と呼び捨てには私にはできません.
歴史上の人物では日本語でも敬称はつけませんが,「あとがき」に出てくる日蓮は日蓮上人としました.もちろんわたしは信者というわけではないのですが,歴史上の人物として親しみを込めています.宗教関連の人物は呼称でそのニュアンスが異なってくるので注意が必要ですね.江戸時代後期の山本栄蔵を良寛と呼ぶか良寛さんと呼ぶか,さらには良寛和尚,良寛上人と呼ぶかで全て意味が違ってきます.やはり「あとがき」に出てくるソクラテスも心情的にはソクラテス先生なのですが,そう呼んでいるのを聞いたことはありません.4聖の一人として突き抜けた存在となっているのでしょうか.Wikiによれば,

敬称をつけずに呼び捨てにするのが、最上級の敬意を表す事例がある[1]。

と書かれているので少なくとも戦国時代の日本では「呼び捨て=無礼」と単純には言えないようで,それが現代の私たちの意識に残っているのかもしれません.

2017年06月17日

大学生ミライの因果関係の探求

小塩真司(2016)「大学生ミライの因果関係の探求」ちとせプレス

早稲田大学文学学術院の小塩先生が書かれた統計学の参考書で,「ストーリーでわかる心理統計」と表紙にかかれている通り心理学を学ぶ大学生を主人公にした物語です.ストーリでわかるということに興味を惹かれたので読んでみました.ネタバレはしたくないので詳しくは書きませんが,ミステリーっぽいお話しが織り込まれていて,確かにストーリー仕立てにはなっています.前作もあるようですが,そちらは読んではいませんが,おそらく好評だったので今回第二作目となったのでしょう.
一つ,ストーリーが統計の解説に必須というわけではないのが少々残念です.もちろん,そのようなストーリーを創作するのは難しいとは思います.「連続変数殺人事件」とか「ロジスティック回帰の罠」とかタイトルだけならいくらでも思いつきますけれど.おそらくストーリーを読んで統計を勉強しましょうというよりは,ストーリーを読むついでに統計も勉強してもらいましょうという意図があるのでしょう.ちょうどほうれん草の嫌いな子供に母親がハンバーグにこっそり混ぜ込んで食べさせるというような感じかもしれません.それとタイトルにある因果関係についてはもっと突っ込んだストーリーがあるともっと楽しめたかもしれません.
本書の紹介に戻りますと,大学二年生の主人公が統計を勉強する過程で,検定の考え方や二次の交互作用の説明などもストーリーに合わせて丁寧にかつ面白く説明されています.一つ残念なのは,このような初級者を対象にした本でも不偏分散の説明は端折られているということです.冒頭と言ってもいいp13に不偏分散が出てくるのですが,そこでは「標本分散は,データを母集団全体とみなしたときの分散,不偏分散は,データを母集団から抜き出した標本と見なしたときの分散.データの数から1を引いて算出する.」と極々当たりまえのように書かれています.なぜと思う学生は心理学の学生には少ないのかもしれません.心理学の学生は一般的には文系と区別されることが多いので,理系の学生のように理屈にはこだわらないのかもしれません.それは実務と関連付けて統計学を学ぶ者にとってはおそらく正解でしょう.
とはいえ,どうしても細かいところが気になる人もいます.「なぜ普遍分散はn-1で割るのか?」いちど気になると先にすすめないのです.それは脇に置いて先に進むのが本当は賢いのです.世の中全てが理解できることばかりではないのですから.足元をしっかりと固めて先に進むというタイプの人にはこのことが苦痛です.正直に告白するとそれは私です.このため,統計学の勉強はかなりスタートでもたつきました.この体験については別の機会に書くことにします.
この本の最後の章である事件が起こるのですが、そこでのテーマはデータの捏造です.ここには,これから研究する学生に向けて著者からのメッセージがあります.「人が対象の学問ではデータに手を加えるということの誘惑は大きい」ということを知っておくことは人が対象ではない製造技術系の実務者にとっても重要です.
posted by Tad at 09:47| Comment(0) | 雑記